万灯と二代目 栗原智山

二代目:栗原智山制作 『総紫檀製 法隆寺五重塔』

二代目:栗原智山が制作致しました 『総紫檀製 法隆寺五重塔』 のご紹介させていただきます。

総紫檀製 法隆寺五重塔

「二代目:智山師から祖母が昭和50年にお譲りいただいたもので、今は私の書斎兼仏間に置いて大切にしています。」
東京都目黒区のお客様から、ご丁寧にメールと画像を送っていただきました。有り難うございました。

二代目:栗原智山はもうおりませんが、遺してくれた作品が皆様のお手元にあり、それをいつまでも大切にしていただいて・・・本当に嬉しく感謝の気持ちで一杯です。

お会式と万灯(立正佼成会 港教会様)

昭和38年(1963年)に 立正佼成会 港教会様 に栗原智山(二代目)が制作いたしました『万灯』を納めさせて頂きました。
その後、平成13年・20年にご修復も承っております。

万灯の屋根の曲線が栗原智山(二代目)の特徴でこの曲線をだせる職人さんはいらっしゃらないそうです。
下部の画像の仏画は「仏弟子:宮原柳僊 画伯」

二代目 栗原智山
(栗原菊次郎:故)

二代目は、たくさんの『万灯』を日本各地のご寺院様・立正佼成会様にお納めさせていただきました。
万灯とは、仏前にともす多くのお灯明という意味です。
五重の塔が組みあげられ、その段ごとに『南無妙法蓮華経』・『日蓮聖人』のお姿などが描かれています。 日蓮聖人が亡くなられた時、10月だというのに庭先の桜(お会式桜)が華を咲かせたという故事から、万灯に白やピンクの和紙で折った花を飾っています。

Copyright© Kuriharachizan co.,ltd All Rights Reserved.